トップページ > 加熱殺菌と非加熱殺菌の長所と短所

加熱殺菌と非加熱殺菌の長所と短所

加熱殺菌と非加熱殺菌にはそれぞれ長所と短所があります。
加熱殺菌の方は、食品衛生法の加熱殺菌の条件として、85度で30分過熱するという殺菌方法が規定されており、日本で市販されている天然水のほとんどは、この方法にて殺菌されているものとなっています。
しかしながら短所として、過熱によって美味しさやミネラル成分が失われてしまうと言う点があるのです。しかしながら方法としては簡単なものになります。

非加熱殺菌の方は、オゾンなどを用い、天然水を加熱する事なく殺菌すると言う方法で、品質の劣化やミネラル成分を残す事ができますが、設備が必要なものとされているので、日本ではほとんど採用されていません。
また、安全性に疑問もあると言う事で、日本の食品衛生法をクリアしているか、確認をする必要があります。

関連エントリー
ピュアウォーターとは?
ピュアウォーターの作り方
健康な水の飲み方とは?
加熱殺菌と非加熱殺菌
加熱殺菌と非加熱殺菌の長所と短所
水の宅配方法の色々
赤ちゃんに合う水とは?